代表プロフィール

特定社会保険労務士 伊藤 綾子 Ito Ayako (登録番号13040057)

東京都社会保険労務士会 豊島支部 所属

メーカーでの営業事務、大手通信会社でのテレコミュニケーター、広告代理店での経理・社長秘書を経て23歳のときに1年間中国大連市に語学留学する。

帰国後、大手都市銀行連結対象子会社において、経理職に就く。
(業種:銀行・証券・生保・損保への人材派遣業、確定拠出年金運営管理機関)
日々の伝票起票に始まり、請求書作成、売掛金管理、固定資産管理、会計士・税理士対応、月次決算〜四半期決算〜中間決算〜本決算まで行い、連結対象子会社としての報告、税務申告やその他経理業務をすべて担当する。

2003年度社会保険労務士試験 合格
2004年1月1日東京都社会保険労務士会 登録
2004年10月1日労務管理支援研究会 発足
代表幹事
2005年4月1日東京都渋谷区にて事務所 開設
2008年1月1日公益社団法人東京青年会議所 所属
2012年1月1日公益社団法人日本青年会議所東京ブロック協議会 出向
2012年8月1日東京都豊島区に事務所 移転
2015年6月1日特定社会保険労務士 付記

幅広い経理経験から経営計画等を行ってきたので、御社に合った人員計画・賃金制度等を企画立案することができます。 また、給与計算・年末調整や日々の経費管理など数字に強いので、ぜひご活用ください。

保有資格

社会保険労務士、簿記1級、メンタルヘルスマネジメント検定U種、FP、年金アドバイザー、確定拠出年金アドバイザー 他
厚生労働省委嘱 独立行政法人雇用能力開発機構 キャリアコンサルタント養成講座修了

著書

『夫が死ぬ前に妻が知っておく67のこと』(かんき出版)
夫の余命宣告から派生する「妻の仕事」を67のテーマでわかりやすく解説。
『社長!そのやり方では訴えられます』(経済界新書)
「クビ!」の前にやるべきことがある。問題社員から会社を救う

監修

『知っておきたい身近な人が亡くなった後の手続き・届出・相続がわかる本』(成美堂出版)
身近な人が亡くなったとき何から始めるべきか、どこへ行きどのように手続きするかを時系列に沿って解説。

講師等

■臨時労働保険指導員、臨時社会保険指導員、区役所相談員
■社労士会山手統括支部渋谷支部 労働保険推進協力会指導員(2011年まで)
■社労士会城北統括支部豊島支部 研修委員会 委員(2012年から)
■独立行政法人雇用能力開発機構、労働保険推進協力会、公益社団法人東京青年会議所などにおいて、労働保険・社会保険、起業家向け口座、労働法等のセミナー講師を担当。
■渋谷区常磐松小学校 5年生対象「こども年金教室」講師(2010年9月)
その他 月刊ビジネスガイド別冊開業社会保険労務士専門誌『SR』に記事掲載、国の制度を使った給与削減セミナーや人材教育を絡めた就業規則作成セミナー、企業向けマイナンバーセミナーなど、自主開催も含めセミナー講師経験多数。

>>代表:伊藤綾子のブログ
>>退職する前に読んでほしいブログ

>>PDFファイル記念すべき第1号事務所新聞ダウンロード(375KB)
Get Adobe Reader閲覧にはPDFリーダが必要です。
必要に応じてダウンロードしてください。

©2005 ITO shakaihokenroumushi jimusyo